ギャンブル漫画『嘘喰い』次号で完結 11年の歴史に幕 | ニコニコニュース


【PR】







 迫稔雄さんの人気漫画『嘘喰い』が、次号12月21日発売の週刊ヤングジャンプ3・4合併号で完結することが分かりました。12月14日発売の2号に予告が掲載されています。

【画像:最終回のお知らせ】

 『嘘喰い』は2006年にスタートしたギャンブル漫画。でたらめに強い主人公・斑目貘(まだらめばく)と戦国時代から続く賭博組織・倶楽部「賭郎」を軸に展開していく。物語中盤からは海外の犯罪組織「アイデアル」(※1)との抗争が描かれ、格闘漫画としても楽しまれていた。『ジョジョの奇妙な冒険』の荒木飛呂彦さんは「まさに奇妙なサスペンスの『最高峰』とはこのマンガのことだ」と評している(※2)。

 週刊ヤングジャンプでは古参にあたり、同作より前から連載しているのは井上雄彦さんの『リアル』(1999年~)、原泰久さんの『キングダム』(2006年~)の2作。2016年には連載10周年を記念して実写映画化の企画が発表されていた。

※1:悪徳者達の一員であるヴィンセント・ラロが頭領

※2:コミックス3巻の帯より

主人公の斑目貘(コミックス47巻より)


(出典 news.nicovideo.jp)

ぬこ

ぬこ

屋館越えでやはりフィナーレか。伽羅がいなくなったあたりからトーンダウン激しかったね。でも面白かった。廃坑とラビリンス編が一番楽しかった。

RAMU

RAMU

遂に最終回か・・・設定自体はおとぎ話なのに細部のディテールがしっかりしてて背景に説得力のある漫画でしたね(賭郎とかプロトポロスとか懲役ギャンブルとか)。ギャンブル漫画でありながら少年漫画の様なカタルシスもあって面白い作品でした

こーじゅ

こーじゅ

まじかおわんのかぁ・・・。徐々に絵のレベルもあがっていって、それも説得力を持たせる要員でしたねぇ

バル

バル

好きすぎたからマジで辛い……同じ設定でスピンオフか続編描いてくんねえかなあ……

カズー

カズー

伽羅、カラカル、掃除機の三つ巴の時に壊れかけの掃除機が出そうとした技(?)って結局なんだったの?

KOU3

KOU3

中盤バトルで面白くなり、終盤またギャンブルで面白くなってと智暴入り混じる戦いは面白かった、というか単行本派なので49巻でどうなるのか楽しみ

ザメル

ザメル

終わりか、屋館越えも果たし尚続けるのは確かに蛇足かもしれんな

すたー

すたー

とうとう終わってしまうのか

ゲスト

ゲスト

本当にグダグダ続かなくてよかった


      
スポンサードリンク