プロゲーマーのライセンス発行第1弾大会は「闘会議2018」 ウイイレ、スト5、鉄拳7、パズドラ、モンストが対象 | ニコニコニュース


【PR】







 日本におけるeスポーツ団体の今後の取り組みについて、業界団体が共同で声明を発表。2018年2月に行われる「闘会議 2018」においてプロライセンス発行第1号となるeスポーツ競技大会の開催が明らかになりました。

【画像】大会の流れ(「鉄拳7」の場合)

 同大会でプロライセンスの対象になるタイトルは「ウイニングイレブン 2018」「ストリートファイターV アーケードエディション」「鉄拳7」「パズル&ドラゴンズ 」「モンスターストライク」の5タイトル。各大会の詳細については追って発表されます。

 声明はコンピュータエンターテインメント協会(CESA)、日本オンラインゲーム協会(JOGA)、日本eスポーツ協会(JeSPA)、e-sports促進機構、日本eスポーツ連盟(JeSF)ら5団体によるもの。現在eスポーツ3団体の統合・新設が進められており、プロライセンスの発行は新団体の中核となる活動になる予定。

 プロライセンス発行については、要件を満たす選手に発行する他、これまでのeスポーツ競技大会で実績のある選手に対しても、パブリッシャーの推薦、承認を得て、特別枠での発行も検討しているとのこと。今後のレギュレーションの詳細発表にも注目が集まります。

画像はニコ生より


(出典 news.nicovideo.jp)

クーベル

クーベル

勝手にすりゃいい、どう営業努力をしようが、世間体からみりゃゲームをして遊び呆けてる連中という認識は覆らないんだから、多少理解のある人が増えるってだけ、プロスポーツ選手と同じ括りにしいのだろうけどな

[Q]

[Q]

プロになるからには当然見知らぬ一般人との試合は禁止になるんだろ?

にこやん

にこやん

こういう権益にすぐ走るから失敗するんだよなぁ

蜃気楼

蜃気楼

プロスポーツ→日々鍛錬してカッコいい!凄い!  プロゲーマー→大人になっても多少上手いくらいで遊んで暮らそうとかwww この違いよ

ALTAIR15

ALTAIR15

格式を上げて「ゲーム道」からやらないと、プロライセンス制にしても辛い?

うるふ

うるふ

日本だと既にあるゲームの認識の壁が邪魔をするから営業努力が十数年単位で必要になると思うがなぁ

黄金銃砲店

黄金銃砲店

サブカル系に対する日本人の偏見の根の深さは凄まじい。それこそ、目の仇にしてる連中全て死滅するほどの時が過ぎん限り、諸手を挙げて受け入れられたりなんて有り得ないだろうよ。

どろどろぷりん

どろどろぷりん

とはいえ肩書きを担保する存在がいまの日本では必要みたいだから、eスポーツが伸びて欲しいと思う側からすると(遠回りではあっても)こういう動きは歓迎したいね。

yatan

yatan

一般に浸透させるには広告塔としてのスター選手が必要だからいいんじゃね。一昔前はそういう広告塔はアニメが担ってた気がするけど(ミニ四駆やらベイブレードやら)

まるたそMARC

まるたそMARC

法改正が先だから

マナ

マナ

7冠もAIと対戦する時代こっちも対人とかあるよね


      
スポンサードリンク