ニコ×2ニュースまとめブログ

お越しいただきありがとうございます。 当ブログの名称を変更致しました。 管理人が美味しそうだと思ったニコニコニュースから様々なジャンルをまとめてニュースを発信するブログでございます。 管理人のあくまで思いなので面白くない、不快等と感じる方もいらっしゃるとは思いますが小ネタだと思ってご了承ください。 ご理解のほどよろしくお願いいたします。

    ようこそニコ×2ニュースまとめブログへ
    お時間が許す限りご覧下さい。

    2017年07月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    小池知事、選挙直後に都民ファ代表辞任 「そりゃひでぇだろ」「凡人には思いつかない」と複雑な声


    いつも御賞味頂き誠にありがとうございます✨

    キャリコネ

    都民ファーストの会の大勝で幕を閉じた都議選だったが、一夜明けた7月3日、小池百合子氏が同日付けで会代表を退くと発表した。「知事の仕事に専念する」ためとしている。

    あからさまなタイミングに「裏切られた」と感じる人も

    小池氏は昨年4月28日に同会特別顧問になった後、今年5月30日に同会代表に就任。それまで正式な離党をしていなかった自民党には、翌6月1日に離党届を提出していた。就任から1か月あまり、しかも都議選直後の辞任を目の当たりにした人からは、

    「やるなあ……ほんとの策士だわ、この人」
    「小池さん代表辞任するんだ。勝ちに行く手はずをきっちりやって、本業に専念するわけですね。天晴れ。凡人には想像つかないこと」

    と、その行動を評価する声も聞かれている。確かに、選挙では候補者や政策にではなく、「小池氏が率いる都民ファーストの会」に投票した人も多いのだろう。自らが先頭に立って会の存在感をアピールする戦略は、獲得議席を見ても充分有効だったと見える。

    しかし一方で、あからさまなタイミングに反感を覚える人も多い。「選挙目当てが見え見え過ぎてある意味潔い」「そこまでするか」「そりゃひでぇだろ」など、裏切られたとまでは言えずとも、なんとも歯がゆい思いを抱えている人が散見されている。

    新人議員の不祥事リスクを回避するため?

    小池氏は辞任の理由を、「二元代表制などで懸念があることを想定」し、今後は知事の仕事に専念するつもりと述べている。地方自治体は憲法93条に基づき、首長と議員をそれぞれ選挙で選ぶ「二元代表制」が取られている。首長と議会が相互監視して権力の暴走を防ぐための制度のため、このまま小池氏が会代表を続ければ、こうしたチェック機能が形骸化するのではと指摘されていた。そういう意味では、辞任は妥当な判断に見える。

    ただ、都民ファーストの会に所属する当選者は、元会社員や自営業など、議員経験のない人が多く、今後、こうした政治に不慣れな議員による不祥事が発生する可能性も高い。小池氏はそうした不祥事の発生を見込み、責任を負うリスクを回避したのではないかとも囁かれている。

    なお、国政への進出は否定したと各紙で報じられている。次の会代表には、初代代表を務め、現在は同会幹事長である野田数氏が再び就任する見通しだ。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【小池知事、選挙直後に都民ファ代表辞任 「そりゃひでぇだろ」「凡人には思いつかない」と複雑な声】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】ゲームがうまくなって何の意味があるの?


    いつも御賞味頂き誠にありがとうございます✨

    【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】ゲームがうまくなって何の意味があるの?
    INSIDE

    暑くなってきたせいか、ドクターペッパー依存症が加速しつつあるボクの連載企画「インサイドちゃんのゲーマー人生相談(略してイン談)」第13回目だほ。今日のお悩みはコレ!

    【大きい画像を見る】【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】ゲームがうまくなって何の意味があるの?


    はじめまして。俺はそこまでゲーマーじゃないんですが相談させてもらいます。

    彼女がかなりのゲーマーで最近は『アームズ』を楽しんでいるみたいです。それはいいんですが、向上心がすごくてびっくりします。対戦で負けて悔しがって、よりうまくなろうと動画を見たりして研究してるんです。

    俺もゲームはやりますが、そんなにうまくなりたいもんかな?と思っちゃいます。だってあんまり意味もないですし。彼女に余計な口出しはしないほうがいいと思うので、この疑問にインサイドちゃんが代わりに答えてくれませんか。

    「パン食べ男」さん(性別:男性)

    いや~、ひたすらゲームだけを遊んでいるゲーマーが見ると怒りそうな相談が来たけれども、ここはボクに免じて許してあげてほしいほ。おそらくきっとたぶん、悪気はないほ。

    さて、一口にゲームと言っても『ARMS』みたいな真剣勝負をするゲームは勝てば嬉しいし、負けるとすごい悔しいほ。悔しかったら練習したり復習して勝ちたくなって当たり前……なのだけれども、あまりゲームを遊ばない人からすると不思議に見えるかもしれんほ。

    ◆ゲームがうまいとモテる?
    「というわけで今回は、何人かの知り合いに“ゲームがうまいことによるメリット”を聞いてみたほ。

    ●相手を合法的になぶれるのがいい(格ゲーやりこみ勢の男性)
     この人は性格が悪いんだけど、答えにその人柄が現れているほ。とはいえ、勝利の優越感は誰でも持っているわけで、それを喧嘩とかでなくゲーム上で満たせるなら良いことではあるかもしれないほ。

    ●好みのタイプはゲームがうまい人(ゲーム好きの女性)
     ゲーマーにとってゲームがうまいというのは一種のステータスになることもあるとか。少なくともこの女性は、彼氏にするならゲームがうまい人がいいらしいほ。

    ●攻略記事を担当する時などはうまいほうが都合がいい(ゲームライター)
     まあ、ゲームライターは仕事だからゲームスキルがあればメリットになるのは当然かもしれないほ。仕事といえば最近はeスポーツも少しずつ広まってきてるし、ゲームがうまいことが社会的な価値になる日が来るのかも。

    というわけで、「個人的な優越感」「他のゲーマーから一目置かれる」「社会的な利益がある」といったあたりを挙げてもらったほ。ボクとしては単純に楽しむなら上手でも下手でもいいけど、高難易度とかに挑む場合はうまい人がうらやましく感じるほ~。

    ……と真っ当に答えたけれども、たぶんパン食べ男さんは、彼女がゲームに熱中していることに対して嫉妬しているだけだと思うほ。別にゲームは浮気でもなんでもないから、ちょっと大目に見てあげてほ。なんなら一緒に遊ぶと楽しいかもしれんほ。」

    ◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
    みんなはゲームがうまいとどんないいことがあると思うほ? というわけで、引き続きお悩みを募集中だほ。コメント欄は閉鎖されちゃったので、問い合わせフォームに件名「人生相談」と記載して送ってくれほ。

    https://www.iid.co.jp/contact/media_contact.html?recipient=inside

    ■インサイドちゃん プロフィール
    たまにインサイド編集部で仕事を手伝う謎の女の子。最近のストレス解消法は『ARMS』のパーティマッチでヘッドロックをボコボコにすることらしい。【ほかの画像を見る】【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】ゲームがうまくなって何の意味があるの?



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】ゲームがうまくなって何の意味があるの?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    サラリーマンが200万円かけて入れ墨を消す理由「仕事で出世できないと言われたので…」


    いつも御賞味頂き誠にありがとうございます✨

    入れ墨を入れ始めたころの1枚。当時は「これを消すとは思わなかった」という
    日刊SPA!

     2020年東京オリンピック開催を前に、外国人の施設利用規制問題や無免許彫師の逮捕騒動を見てもあきらかなように、「入れ墨・タトゥー」に対する我が国の姿勢は依然として固いままだ。

     “入れ墨を彫る=反社会的行動”と認識している人々も少なくなく、入れ墨に対して負のイメージが深く根付いてしまっているのが我が国の現状と言わざるを得ない。

     そんな中、入れ墨を彫ったはいいものの社会的生活が困難になり「消す」という選択をした人々も存在する。

     今回、日刊SPA!取材班では、そんな入れ墨を消す選択をした男性2人に会い、入れ墨を彫った動機、入れてからの生活、そして入れ墨を消した動機について深く話を聞いてみた。

    ◆「出世できない」と言われて消した。全身和彫りの足枷

     一昨年末より、高瀬良平氏(仮名・20代・男性・建設業)は全身に彫られた和彫りを消す為の貯金を始めた。目標金額は200万円。長い道のりになると高瀬氏は語った。

    「16歳の夏のことです。当時暴走族に所属していた私は、周りの先輩の影響もあり、入れ墨を彫り始めました。最初は手から、次に胸、腕、足と時間はかかりましたが、ちょくちょく合間を縫って彫師のところに通いました。自分の墨を鏡で確認して、『仕上がってきたな』と1人で喜んでいましたよ(笑)」

     しかし、暴走族から足を洗い、19歳で仕事を始めると入れ墨への想いは徐々に薄れていったという。

    「入れ墨の弊害が出てきたんです。現在、知り合いの下で建設現場の現場監督として働いています。もう仕事を始めてから3年以上経ちますが、仕事は入社当初から変わらず現場の手元や雑工ばかり。本当は営業やクライアントとの打ち合わせに参加したいのですが……」

     高瀬さんは、思い切って上司に打ち合わせに同行させてもらえないか提案してみたという。すると、意外な答えが返ってきた。

    『この入れ墨では得意先との打ち合わせには参加できないし、出世も無理だよ』と言われたんです。原因は私の仕事ぶりではなく、入れ墨でした。彫った時に多少の苦労は覚悟していましたが、まさかここまでとは…と改めて実感させられましたね」

     現在、高瀬さんは日常生活で目に見える部分の墨は隠し、入れ墨の除去を始めたという。

    ◆「それ、タトゥーですか?でしたら、選考は中止とさせていただきます」

     続いて話を聞いたのは、関西地方某県に住む木村正氏(仮名・31歳・不動産営業)。彼は20代前半のころ、左手にタトゥーを入れた。その動機は至って単純だったという。

    「別にグレていたわけでもないのですが、知り合いにタトゥーを彫ってる人間がいまして。当時ある海外ミュージシャンに傾倒していたこともあり、そのバンド名を左手に彫ってもらいました。当時、タダで彫ってもらったので得した気分だったのを覚えています」

     しかし、その小さなタトゥーは年月を重ね大きな弊害となった。

    ⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1354087

    「当時は小さな飲食店で働いていたので、手に入っているタトゥーなんて、なんの問題もなかったんです。ただ、年齢を重ね転職活動をした時に、このタトゥーが大きな足枷になりました。ある企業の面接では、席に着席した瞬間に『それ、タトゥーですか?でしたら、選考は中止とさせていただきます』と言われました。ショックでしたね」

     木村氏は、その翌日に美容整形外科に足を運び、タトゥーの除去を依頼したという。除去手術の費用は総額10万円。「高い勉強代だった」と振り返る。

    「今は、ちゃんと就職できたので消してよかったと思います。ただ、海外ではタトゥーを入れたサラリーマンも結構いて、羨ましいなぁとはいつも思います。はたして“文化の違い”という言葉でどれほどタトゥー差別を擁護できるのか。僕にはわかりません」

    <取材・文/小畑マト>



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【サラリーマンが200万円かけて入れ墨を消す理由「仕事で出世できないと言われたので…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    「こんな人たち」問題ない=菅長官


    いつも御賞味頂き誠にありがとうございます✨

     菅義偉官房長官は3日午後の記者会見で、安倍晋三首相が東京都議選の街頭演説の際、「辞めろ」のコールに対して「こんな人たちに負けるわけにはいかない」と発言したことに関し、「全く問題ない」との認識を示した。菅氏は「極めて常識的な発言だ。そうした発言を縛ること自体あり得ない」と述べた。 



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「こんな人たち」問題ない=菅長官】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ディズニーランド「カリブの海賊」花嫁売買シーンが削除へ…性差別と批判


    いつも御賞味頂き誠にありがとうございます✨

    「カリブの海賊」“花嫁オークション”シーン - Dean Conger / Getty Images
    シネマトゥデイ

     カリフォルニア州アナハイムのディズニーランドにある人気アトラクション「カリブの海賊」から、“花嫁オークション”シーンが削除されることが明らかになった。「オークション - 娘を買って花嫁に」という横断幕が掲げられ、赤毛の女性や村の娘たちがロープでつながれ、海賊を相手にしたオークションにかけられているさまを描写した同シーン。50年にわたって人気アトラクションの一部だったが、近年、女性に対する性差別だとして批判の声が高まっていた。アメリカの各メディアが報じた。

    やっぱりカッコいい!帰ってきたジャック・スパロウ写真ギャラリー

     米ディズニーランド・リゾートの広報スージー・ブラウン氏によると、カリフォルニア州アナハイムのディズニーランドで2018年までに同シーンを変更するほか、フロリダ州オーランドのウォルト・ディズニー・ワールドおよびフランスのディズニーランド・パリにある「カリブの海賊」でも同じ措置をする予定とのこと。「われわれは今こそ、このシーンについてページをめくり、新しいストーリーにするのに相応しい時だと思います」とコメントしている。

     今回の変更によって“花嫁オークション”は“戦利品オークション”となる。米ウォルト・ディズニー・イマジニアリングの上級副社長キャシー・マンガム氏は「われわれのチームは、このシーンについてどうアップデートすることがベストなのか、長年にわたって一生懸命考えてきました。赤毛の女性はファンのお気に入りなので、彼女をそのままストーリーの中心に据えたいと考え、われわれは彼女を海賊にすることにしました! これはもともとのアトラクションが持つビジョンにも違わないと思います」と声明を発表。変化や変更は、ディズニーランドにおける伝統だとしている。

     その言葉通り「カリブの海賊」のアトラクションにおける変更は今回が初めてではなく、同じく“性差別的”だとされた、海賊が村の女性たちを延々と輪をかいて追い回すシーンでは、女性に食事のトレーをもたせ、海賊は“単におなかが減っているから”彼女たちを追い回している(うち一人は逆に海賊を追い回している)……というシーンに変えられていた。そのほか2006年には『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズの人気キャラクター、ジャック・スパロウなどが追加されていた。(編集部・市川遥)



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ディズニーランド「カリブの海賊」花嫁売買シーンが削除へ…性差別と批判】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    「死んだらタダのゴミ」妻子にガンプラを捨てられる50代男性に同情相次ぐ でも、何年も組み立てなかったのも問題では?


    いつも御賞味頂き誠にありがとうございます?

    キャリコネ

    僕はオタクだ。プラモデルやらお菓子のおまけやら、無節操に色々なものを蒐集している。当然それらは大事なコレクション。自分の趣味で集めた品々なのだから、もしも仮に誰かに盗まれたり、捨てられたりすれば、本気で怒ることになるだろう。オタクの恨みは根深いのだ。

    さて、7月1日に放送された「今日で捨てましょう!」(テレビ東京)という番組の、あるシーンがSNS上で非難轟々となってい�
    襦�(文:松本ミゾレ)

    狭いマンション暮らしで未組み立て状態の大量のガンプラ

    この番組の趣旨は、家庭の不用品を処分するというもの。昨今話題の断捨離を意識してるんだろう。ところが、所有者本人でもないのに、勝手に家族が「実はいらないものがあるんです~」という流れになってしまったシーンがあった。

    40代の女性とその娘さん2人が、偶然番組のロケに出くわし、夫の持っているガンプラを処分して欲しいと要求したのだ。

    ガンプラは夫の所有物なので、番組は、妻子と一緒に仕事中の夫のもとを尋ねて、ガンプラを処分していいかどうか質問することになった。

    さて、問題のガンプラは、未組み立て状態のまま。つまり箱から出してすらいない。せっかくのプラモデルなんだから、さっさと組み立てて楽しめばいいのに……と思うんだけど、本人曰く「子供と作るために買ったけど、いずれ自分で組み立てる」とのこと。

    しかし、この一家の住まいにカメラが入ってみれば、特に広くもない小さなマンション。ただでさえ狭いのに、何年も放置されているガンプラがいくつもあ�
    襪箸い�状況なので、たしかに家族が処分をお願いしたくなる気持ちもわかる。

    独身男性の一人暮らしならそれでもいいんだろうけど、戸建てならまだしも、マンション暮らしでこう家族に不満を抱かせるのはちょっと大人としてどうか。

    ところがツイッターなどの反応を見ていると、「私だったら(ガンプラを処分されたら)暴れる」や「人の趣味をどうこう言うもんじゃない」など、案外夫に肩入れする意見が多い。

    そりゃまあ、夫の了承を得ずに私物を捨てようとするのは明らかにダメな一手なんだけど、カメラが映し出す狭い家を見たら、そんな禁じ手を繰り出したくなる気持ちも分かるよ……。

    「俺が死ぬまで捨てないで」夫の気持ちもわかるけど…

    番組の構成上必要な絵だったのだろう。夫婦はガンプラの処遇を巡って軽く口論をしてしまうんだけど、このとき妻が「夫が死んだらただのゴミ」とガンプラを指して発言している一幕がある。

    これに対して夫は「(俺が)死ぬまで持っててよ」と、苦笑いをしつつ返すのだ。結局夫は、捨てる・捨てないの決断を迫られた挙句「お任せします
    」とだけ言って処分を許してしまった。これには正直「あ、捨てていいんだ……」と拍子抜けしてしまった。本当にガンプラが好きなら、そこは曲げないだろうし。

    ところで、夫が長年組み立てずに保管していたガンプラは、SDガンダムシリーズのプラモデル「BB戦士」と呼ばれるものの形式を継承したもの。初代プレイステーション用の「Gジェネレーション」というゲームソフトがリリースされていた時期に、関連商品として売られていたものと記憶している。

    当初はほとんど初期BB戦士の型を使い回しにしていて、一部新規造形パーツが同梱されていた程度だったんだけど、徐々に完全新規の型のものも出回るようになった。長らく手にすることができなかったものの、この形式で再販されたケンプファーは思い出深い。

    こういう人はどっちにしろ組み立てない可能性が高い

    それにしても、箱はかさばるが完成品は案外小さいので、もしかしたらちゃんと組み立てておけば妻子から処分を要求されるほど目立たずに済んだのではないか? という気もしてしまう。

    再販分も未だに見か�
    韻襪�、もしもこの夫が問題のガンプラを新商品として出回った当時に購入していたとすれば、10年以上そのままにしていたということになる。

    「老後の楽しみ」として、手をつけずにそのままにしていると語っていたけど、大体にしてプラモデルを購入して10年近く放置する人というのは、それから先も手をつける可能性なんか高くないだろう。

    プラモデルは組み立てて楽しむもの。組み立ててしまえば邪魔な箱も捨てることができるし、家も片付く。家が片付けば同居している家族が、その分広々とスペースを活用できる。

    その気になれば今の時代、貸しガレージとかもあるんだから、毎月数千円でも払ってそこにプラモデルを保管しておけばいいだけの話。自分の趣味で妻や子供に嫌な顔をされる50代の男性の終始見せる苦笑いに対して、つい画面越しに「笑えないよ」とつぶやいてしまった。なにより、何年も箱の中から出されなかった挙句、今回処分されたガンプラが本当に可哀想だ。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    冷泉鷹章

    冷泉鷹章

    去る3月、此処で「スターウォーズグッズポイ捨て嫁・刺殺事件」がイギリスで起きたのを忘れたのかと小二j(以下略

    echigoya

    echigoya

    妻と子供の為なら身を粉にしてATMやるのが当然だろ?定年後は早く死ね

    hiro-papa

    hiro-papa

    d="surebody3" name="surebodymain" style="word-break:break-all;">私は、『老後の楽しみ』としてプラモデルを2~30箱自室に保管しています。処分したら、即、離婚です。

    まひる

    まひる

    結婚する前に

    まひる

    まひる

    まぁ そうやって捨てるって価値観を押し付けられてそれと摩擦して生きていくきがあるのか?ってのを冷静に問い直したら?と思います

    エルモ コヲタ

    エルモ コヲタ

    同棲でも結婚でも、共同生活は凄く大変なのよ。覚悟が無ければ、ず~っと一人暮らししてる方が無難だよ。


    RIE

    RIE

    共有スペースを侵食してる場合は 口出せる。そうならない為にも収納スペースを確保してかないと。

    RIE

    RIE

    ある番組は飾らないならダニの温床になるだけなのでと子供のめいぐるみを子供に捨てさせてたよ

    RIE

    RIE

    趣味の物のスペース用の棚等をを作ってまでする人はめずらしくない。一応夫の許可はとってるようだし

    まひる

    まひる

    まぁでも結婚しないのが一番いいんだろうな 価値観の合わない相手と摩擦してまで生活したいのか?って一度冷静に考えてもるべきかも

    エルモ コヲタ

    エルモ コヲタ

    許可なく勝手に捨てた訳でもないし、家族内のことなんだから、必要以上に荒立てる必要はないんじゃないかな?

    RIE

    RIE

    じたくの庭に博物館を作ったつわものもいる。

    RIE

    RIE

    鑑定団でも骨董品が廊下まで侵食し等で 価値があるか見て貰えと出る羽目になった人がチラホラと。

    まひる

    まひる

    家族であれ他者に口を出す権利はない このあたり履き違えてる人おおそうね そこで口を出すなら逆に自由の侵害で
    DVにするのもあり

    まひる

    まひる

    下にも書いたけどこういうのは共有スペースをどれ位圧迫してるのか?が要点だと思う そうでないのならどう保管してようと

    "50px" alt="RIE" src="https://secure-dcdn.cdn.nimg.jp/nicoaccount/usericon/2856/28566566.jpg?1495350755">

    RIE

    コレクターの人が捨てられないようにするには収納スペースを決めておいてそこからはみ出ないようにすること。

    星宮エレン

    星宮エレン

    ガンプラは20代のころに種系ばかり作ったので、30歳でもう卒業しちゃった。

    RIE

    RIE

    承諾を得てから捨ててるが テレビという脅迫なのか ただのヤラセなのかってのが上の記事なんだか

    <
    tr>
    heaven

    heaven

    ガンダム嫌いな自分としてはGJとしか言いようがない

    橘神威@Bell

    橘神威@Bell

    こうやって世にたくさんいる趣味を持つ男性諸君は結婚したがらなくなる。少子化が加速する。テレビ屋は本当に阿呆ですねえ



      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【都議選】なぜ日本人は「うるさい選挙カー」に無頓着なのか 哲学者・中島義道氏は「公共空間に対する感受性の問題」指摘


    いつも御賞味頂き誠にありがとうございます✨

    キャリコネ

    投票日を7月2日に控え、都議選の候補者たちが選挙運動に勤しむ中、ネットでは選挙カーに対し、「うるさい」「やめてほしい」などの苦情が多数聞かれている。

    選挙運動でよく見られる候補者の名前を連呼する行為は、公職選挙法により、8時から20時の間のみ許可されている。しかし、音量に規制はなく、学校や病院近隣を通る際の音量制限も努力義務だ。

    中島義道氏「せめて大きな商店街に限定し、住宅街には入って来ないようにしてほしい」

    そのため、周囲の迷惑もお構いなしに声を張り上げる候補者は後を絶たない。ツイッターでも「うち、学校のそばなんですけどね。平日昼間の授業時間帯なのに、スピーカー大音量で使いながら通りすぎる都議選の選挙カーがいくつもあるんですよね……」というぼやきが見られる。

    『醜い日本の私』『うるさい日本の私』などの著書で、日本の公共空間における音や色のうるささを訴えてきた、カント哲学者の中島義道氏は、音量を顧みない選挙カーが無くならない理由を「日本人の、公共空間に対する感受性の問題」にあると指摘する。

    「日本人は矛盾しているんです。静謐さを好むのは、自分の身の回りの限定。街という公共空間になった瞬間、賑やかでも良い、そういうものだからしょうがないと思っているんです」

    中島氏はこれまで、エスカレーターや駅のガイド音声のほか、警官による花火大会などでのマイクを使った注意喚起などに対し、『静かな街を考える会』と共に反対を訴え続けてきた。目の不自由な人たちにとってガイド音声は必要だと思いきや、当事者たちは、街中の様々な種類の音声に困っていると言う。

    「政治家も一般の人も、多様性とかなんとか言っても、心の底からは考えていないんです」

    30年以上経っても変わらない日本の状況は「絶望的」だと評する。

    「ほとんどの人は『街がうるさい』と感じていないのだから、問題意識すら持たない。ガイド音声のように、多くの人が無批判に良いと捉えている音を『うるさい』と言っても、『良いことをしているのに何故批判するのか』と反感を買ったり、嫌われたりすらします。我々のように極めて少人数の、ポピュラリティの無い一部の人間が言っても、社会は動きません」

    と、諦めを滲ませる。選挙カーについては、かつて大音量の演説を止めさせる為、車の前に立ち塞がり、「ひいてみろ!」と煽ったこともあったという。しかし今は

    「本音を言えば屋内だけにしてもらいたいが、せめて大きな商店街に限定し、住宅街には入って来ないようにしてほしい。それも無理だとは思うが」

    とこぼすなど、心中は複雑のようだ。

    選挙管理委員会は、「今の公職選挙法での音量規制は無理」

    東京都選挙管理委員会のサイトにも「連日、選挙運動用自動車スピーカーにより候補者の名前が連呼され、とてもうるさくてたまりません。何とかならないでしょうか」と、音声に対する意見が寄せられている。しかし、委員会の回答は、

    「騒がしいと批判を受けることもありますが、候補者にとっては、法律で限られた範囲内で、精一杯有権者に訴えようとしていることでもあり、選挙運動期間中は有権者の方々にご理解をお願いしたいと思います」

    と、にべもない。改めて電話で問い合わせると、

    「選挙運動は議論の場でもあります。そのため、選挙運動の音量を控えるようお願いするのは、表現・言論の自由の弾圧とも捉えられかねません。ましてや選挙は日本全国で行われるものですから、自治体独自に規制をするのではなく、国会で議論する必要があります」

    とのことで、音量規制をするなら、運動のあり方そのものを変える必要があるとの見方を示した。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【都議選】なぜ日本人は「うるさい選挙カー」に無頓着なのか 哲学者・中島義道氏は「公共空間に対する感受性の問題」指摘】の続きを読む

    このページのトップヘ