ニコ×2ニュースまとめブログ

お越しいただきありがとうございます。 当ブログの名称を変更致しました。 管理人が美味しそうだと思ったニコニコニュースから様々なジャンルをまとめてニュースを発信するブログでございます。 管理人のあくまで思いなので面白くない、不快等と感じる方もいらっしゃるとは思いますが小ネタだと思ってご了承ください。 ご理解のほどよろしくお願いいたします。

    ようこそニコ×2ニュースまとめブログへ
    お時間が許す限りご覧下さい。

    2017年05月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    USJを100倍楽しくする


    いつも御賞味頂き誠にありがとうありがとうございます✨

    【USJを100倍楽しくする】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    エジプトでバス襲撃28人が死亡


    いつも御賞味頂き誠にありがとうありがとうございます✨

    【エジプトでバス襲撃28人が死亡】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    「ブラック企業」になるしかない 中小企業の悲哀を聞いてくれ!


    いつも御賞味頂き誠にありがとうありがとうございます✨

    下請けいじめで、中小企業に「しわ寄せブラック」
    J-CAST会社ウォッチ

    厚生労働省が、長時間労働や賃金不払いなど労働関係法令に違反した疑いで送検された企業334社を、いわゆる「ブラック企業」として実名を公表しました。 2016年に世間を騒がせた電通をはじめ、大手関連の企業名もチラホラ見受けられましたが、社名をインターネットで検索すると、その大半は明らかに中小企業とわかる先ばかりでした。

    突如、ブラック企業に陥れられる

    このニュース世間的にはさほど大きな話題にはなっていなかったのですが、一部の中小企業経営者には衝撃的に受け止めている人もいます。大手電機メーカーH社の下請け受注をメインとして、機械部品製造を長年手がけているT社のY社長もそんな一人です。

    「実名を公表された中小企業はかわいそうだなと思いますよ。当然自社に責任の大半があるケースもあるでしょうが、そうでない事情もあるのじゃないかとね。名前を出されたら、採用だけでなく本業にも影響が出ます。本当にその企業が悪いのか、裏事情も含めて厚生労働省は十分な調査をしたうえでの実名公表なのかと、そこがひっかかります」

    中小企業でT社のような大手下請けは、国内に星の数ほど存在します。Y社長は二代目ですが、先代の時代から40年以上にわたり大手H社の仕事を継続受注できているのには、それなりの理由があると言います。

    「うちが長年H社から仕事をいただけているのは、40年以上、絶対服従で来ているからに他なりません。彼らから見たらうちなんて吹けば飛ぶような存在です。言うことを聞かないなら、取って代わる企業なんて掃いて捨てるほどありますから。我々はこの間ずーっと、切られないように切られないように、ビクビクしながらやってきているのですよ」

    Y社長はやや悲しい目をしながら、続けます。

    「言われたものを言われた通りの仕様に作る、ミスなく作る、言われた価格で作る。これは当たり前。問題なのは、言われた納期なのですよ。大手さんはいろいろな事情があって、突然仕様が変わったり、価格値下げを申し渡されたりしますが、これは先方と折衝しながら落としどころを決めることもできるわけです。しかし、突然の納期の変更。こればっかりは先方の言うことを聞くしかないのです。断れば即他社に仕事が流れてしまいますから」

    納期変更は短縮が常であり、ひどい時にはその期限が当初の半分に短縮されることもあるとか。そうなると当然、製造現場はフル稼働で対応せざるを得なくなります。

    すなわち、昼夜の区別なく24時間体制で製造ラインを動かすことになり、従業員も交代で所定労働時間を大幅に超過した勤務にならざるを得ないことも。要するに、自社が大手企業の勝手な都合による指示で、突如、ブラックな就労環境に陥れられることにもなるわけなのです。

    「しわ寄せブラック」を生み出す構造

    さらに、Y社長はこう続けています。

    「そんな時に先代の時代から勤務している職人肌の社員たちは、下請け仕事を続けていく中では時には無理もやむを得ないという理解をもって対応してくれるのですが、若い社員たちはそうは簡単にはいかない。以前そんな社員の一人が会社をやめて労基署にタレ込んだことで、うちもブラックのレッテルを貼られかけて大変だったことがあります。もちろん責任はすべて社長である私にありますが、下請けゆえの宿命のなか、会社を存続させ社員を路頭に迷わせないことを思っての判断は間違っていなかったと、今でも思っています」

    と漏らすのです。

    Y社長の話は表立っては言えない、ブラック企業論議をめぐる知られざる大手下請け企業の苦しい胸の内とも言えそうです。時を同じくして、たまたま私のところに取材に来た、既知のテレビの番組制作会社の社員、Gさんにもこの件に関する意見を求めたところ、同じような話が出てきて驚きました。

    「ブラック職場の取材をしていると、僕らも同じ環境にあると思うことが多いです。我々下請け制作会社はテレビ局の言いなりですから。テレビ局の都合で締め切りが決められ、作ったものにダメ出しされれば、期限までになんとしても修正して納品しなくちゃいけない。まさに奴隷状態です。結局のところ、大手がホワイトを目指せば目指すほど、ブラックな部分はすべて下請けに寄せられる、そんな『しわ寄せブラック』も多いかと。ブラック企業の取材ではそんな事実も世に問いたいのですが、局のOKが出ずに結局闇のままなのです」

    経済産業省は大企業が中小企業への買いたたきなどをしていないかを調べる「下請けGメン」を2017年4月から本格始動するなど、「下請けいじめ」の防止に本腰を入れて動き出していますが、これはあくまで経産省マターの価格部分でのいじめ調査に過ぎません。

    価格に限らず、期限やオーダーの部分でも大手企業の言いなりにならざるを得ずに、結果「しわ寄せブラック」になっているケースも世間には多いのではないか――。厚労省のブラック企業リストの好評を機に、Y社長やGさんのお話をうかがう中でそんなことを感じた次第です。

    厚労省は今後ブラック企業リストを毎月更新すると発表しています。このリスト公表を続けると同時に、「下請けいじめ」による「しわ寄せブラック」を生み出している企業の調査もしっかりとしていただき、ブラック職場が生まれる構造の実態把握にも努めてもらいたいと思うところです。

    (大関暁夫)



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「ブラック企業」になるしかない 中小企業の悲哀を聞いてくれ!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    <車暴走>「子供邪魔」動画 少年ら殺人未遂容疑で逮捕


    いつも御賞味頂き誠にありがとうありがとうございます✨

    生徒たちが逃げる様子を捉えた動画=動画投稿サイト「ユーチューブ」から
    毎日新聞

     大阪府門真市の住宅街を猛スピードで走る車から撮影された動画がネット上で公開された問題で、大阪府警は27日、車を運転していたと同署に出頭した同市の建設作業員の少年ら2人を殺人未遂の疑いで逮捕した。少年は「小中学生が道に広がって歩くのが邪魔だと思い知らせるため」と供述しているという。

    この記事をもっと詳しく読むにはこちら



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【<車暴走>「子供邪魔」動画 少年ら殺人未遂容疑で逮捕】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【特集】洗脳されてしまったキャラクター7選


    いつも御賞味頂き誠にありがとうありがとうございます✨

    【特集】洗脳されてしまったキャラクター7選
    INSIDE

    誰かを自分の意のままに操る、洗脳。ゲームの世界において洗脳は、ストーリーを盛り上げる要素として取り入れる作品も多く存在します。そこで今回は「洗脳されたキャラ7選」として、印象的なキャラクターをピックアップしてみました。

    【大きい画像を見る】【特集】洗脳されてしまったキャラクター7選


    ◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
    ■『ファイナルファンタジーIV』カイン・ハイウインド
    (開発元:スクウェア・エニックス)

    「洗脳されたキャラ」のトップバッターを飾るのは、『ファイナルファンタジーIV』のストーリーに大きく関わってくるカイン・ハイウインド。主人公セシルの親友にして誇り高き竜騎士団の隊長でもある彼は、心の隙を突かれて敵に洗脳されてしまい、プレイヤーの前に立ちはだかります。

    「ファイナルファンタジー」シリーズを代表する裏切りキャラとしての地位を確立してしまった彼ですが、親友の恋人を好きになってしまった自分を必死に抑えようとするなど繊細な面も持ち合わせており、今でもシリーズ屈指の人気キャラクターとして大きな存在感を持っています。

    ゲームセンターで稼働している「ディシディア ファイナルファンタジー」では昨年、プレイアブルキャラクターとしてカインが追加されました。彼を使っている時にチームメイトにセシルが入ってくると、妙に気合いが入ってしまうのは筆者だけでしょうか(笑)

    ■『スーパーロボット大戦64』張五飛
    (開発元:バンプレスト)

    古今東西のスーパーロボットが一堂に集まるという夢のコラボレーションで、多くのファンを獲得している「スーパーロボット大戦」シリーズ。今年2月にはシリーズ25周年『スーパーロボット大戦V』が発売されたのも記憶に新しい所です。

    そんな「スパロボ」シリーズで洗脳されたキャラを上げるとすれば、『スーパーロボット大戦64』にて「ズール皇帝こそが正義だ!」という名セリフを残した「新機動戦記ガンダムW」の張五飛でしょう。独自の正義感に従って単独行動を行っていた彼は、無謀にも敵艦隊に一人で突っ込んでしまい、敵から洗脳攻撃を受けてプレイヤーと敵対してしまうのです。

    幸い、ステージクリア後には洗脳から解放されて元通りになるのですが、その予想外すぎた展開は、発売から15年以上経った今でもスパロボファンの間で、伝説として語り継がれています。

    ■『カオスチャイルド』伊藤真二
    (開発元:5pb ニトロプラス)

    「妄想科学ADV」第4弾として発売された『カオスチャイルド』。本作は同シリーズ第1弾である「カオスヘッド」から続く連続猟奇殺人事件の解決を目指すサイコミステリーです。

    伊藤真二は何かと周囲から浮きがちな主人公、宮代拓留の親友にして、事件の捜査に関する協力を惜しまない頼れるパートナー。しかし伊藤は、とあるルートにて事件の真犯人に意志を乗っ取られてしまい、作中でも最低最悪と言われる”非実在青少女”という事件を起こしてしまうのです。

    洗脳が解けたあと、伊藤が自分の起こしたことを涙ながらに謝罪するシーンは本当に読んでいて辛くなり、筆者の心はバッキバキに折れました。ゲームで扱われる洗脳の中でも、取り分けヘビーと言っても間違いないでしょう。

    ■『ウルトラストリートファイターII ザ・ファイナルチャレンジャーズ』洗脳されたケン
    (開発元:カプコン)

    ニンテンドースイッチの『ウルトラストリートファイターII』にて新キャラクターとして追加された、”洗脳されたケン”。ストレートなネーミングが今回の特集とバッチリ合いますね。

    洗脳されたケンは、日々強くなっていくリュウに対して抱いてしまった嫉妬などの負の要素が、ベガによって増幅されてしまった姿。”羅刹脚”という移動技と、無数の打撃を浴びせた後に昇竜拳で締めるスーパーコンボ”神武滅殺”をひっさげて、新たな戦いの舞台へやってきました。

    洗脳されたケンはもともと、2003年に発売された「SNK VS. CAPCOM SVC CHAOS」の隠しキャラクターでした。前述の神武滅殺は、SNK格闘ゲームの代名詞である乱舞技をイメージして作られたのですが、登場から約14年の月日を経て本作に逆輸入されたと考えると、なかなか感慨深いものがあります。

    ■『シャイニング・ブレイド』ローゼリンデ
    (開発元:セガゲームス)

    人気イラストレーターTony氏による美少女イラストが印象的なシャイニングシリーズ。その中の『シャイニング・ブレイド』に登場するローゼリンデも、洗脳によって過酷な運命を辿りました。

    ストーリー冒頭、敵国に捕まってしまった彼女は術によって心を奪われてしまい、主人公たちと敵対する兵士となってしまいます。仲間の呼びかけに答えることもなく、黙々と目的を遂行する彼女は多くのプレイヤーに衝撃を与えました。

    なお、ローゼリンデはシリーズの歴代キャラクターが多数参加する格闘ゲーム「ブレードアークス from シャイニングEX」にもプレイアブルキャラとして登場。重厚な鎧とリーチの長い槍を装備したパワーファイターとして、大きな存在感を示しています。

    ■『メタルギアソリッド』メリル
    (開発元:コナミ)

    敵に見つからないように隠れて進む、ステルスアクションという新ジャンルを確立させたゲーム史に残る名作『メタルギアソリッド』。主人公スネークと行動を共にしたメリルもまた、洗脳されてしまった一人です。

    そのシーンは、シリーズの中でも屈指の人気を誇るサイコマンティス戦。メモリーカード内のデータを読み込んで「ときメモが好きなようだな」などプレイヤーの趣味を言い当てたり、”ビデオ”をもじって”ヒデオ”とだけ表示された黒い画面を出したりと、印象的な能力を披露してくれたマンティス。彼は戦いの冒頭、彼の超能力を証明するデモンストレーションの一環として、メリルを操っていたこともありました。

    幸い、洗脳されたメリルは打撃で気絶させれば対処可能で、ボス戦が終われば元に戻るのですが、「私のこと、好き?」と言いながら、ユラユラとこちらに銃口を向けてくるメリルの姿は、当時なかなか怖いものがあったと記憶しています。

    ■『スペースチャンネル5』踊らされてる人
    (開発元:セガゲームス)

    特集の最後を飾るのは、『スペースチャンネル5』に登場する一般の方々です。ゲーム冒頭、宇宙から突然”モロ星人”と名乗る謎の軍団が襲来。彼らが放つ光線を浴びてしまった街の人々は、本人の意思に関わらず踊り続けてしまう身体にされてしまうのです。

    そんな大パニックを救うために出動するのが、とあるテレビ局に勤める新人レポーターの”うらら”。彼女のダンスによって洗脳から解放された街の人々は、うららに続けとばかりに、列をなして踊り出します。

    当時筆者はゲームを遊んでいて、「結局踊り続けるんかい!」と思わず突っ込んでしまったわけですが、救出された人々の活き活きとした表情を見て「楽しいなら、いいか!」といった気持ちになりました。筆者はこのゲームを遊びすぎると、夜眠る時に「アップダウン!アップダウン!チュウチュウチュウ!」というリズムが頭の中で延々とリピートしてしまうのですが、今思えばこれもひとつの洗脳だったのかもしれません……(笑)

    ◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
    というわけで今回は「洗脳されたキャラ7選」という切り口で、印象的なゲームキャラをピックアップしてみました。洗脳されたキャラは、普段の言動からはまったく想像できないような行動に出ることも多く、だからこそ記憶に残りやすいのかもしれません。みなさんも、思い出に残っている洗脳されたキャラクターがいましたら、ぜひコメント欄にお寄せください。【ほかの画像を見る】【特集】洗脳されてしまったキャラクター7選



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【特集】洗脳されてしまったキャラクター7選】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【衝撃】 1本17280円のミネラルウォーターが登場!


    いつも御賞味頂き誠にありがとうありがとうございます✨

    バズプラス Buzz Plus

    信じられないかもしれないが、750mlのミネラルウォーターが17280円で販売されており、大きな注目を集めつつある。もちろん、これは誤表記でもなければ、ウォンでもバーツでもない。間違いなく日本円で17280円なのである。正直、750mlのミネラルウォーターだったら、数秒で飲み干せてしまうレベルの量だ。

    ・限定漆絵ボトルナチュラルミネラルウォーター
    17280円のミネラルウォーターを販売しているのは、上質で魅力的なデザイン食品を販売しているブランド「P.R.I.M.V.S」。17280円のミネラルウォーターの正式名称は「限定漆絵ボトル ナチュラルミネラルウォーター」(無炭酸)で、漆絵の職人が手作業でボトルに絵を描いたもの。

    ・職人が絵を書いて価値アップ
    もともと「P.R.I.M.V.S ナチュラルミネラルウォーター」(無炭酸)として1458円で販売していたものに、職人が絵を書いて価値が上がり、17280円になったと思われる。ということは、水自体の価値は1458円だが、職人の作業代として15822円が上乗せされていることになる。

    ・賞味期限ぎりぎりまで鑑賞?
    素晴らしい芸術作品ともいえる17280円のミネラルウォーターだが、あまりにも高額すぎて飲むことに勇気を要する。しかし飲まないと飾り物になってしまうし、時間の経過とともに中の水が劣化していくだろう。買ったとして、どうするのがベストか? 賞味期限ぎりぎりまで鑑賞し、あとは飲んでしまえばよいのではないだろうか。

    もっと詳しく読む: マジかよ! 1本17280円のミネラルウォーターが登場! 高い? それなら1458円のもあるけど(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2017/05/27/natural-mineral-water/



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【衝撃】 1本17280円のミネラルウォーターが登場!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    【衝撃】 1本17280円のミネラルウォーターが登場!


    いつも御賞味頂き誠にありがとうありがとうございます✨

    バズプラス Buzz Plus

    信じられないかもしれないが、750mlのミネラルウォーターが17280円で販売されており、大きな注目を集めつつある。もちろん、これは誤表記でもなければ、ウォンでもバーツでもない。間違いなく日本円で17280円なのである。正直、750mlのミネラルウォーターだったら、数秒で飲み干せてしまうレベルの量だ。

    ・限定漆絵ボトルナチュラルミネラルウォーター
    17280円のミネラルウォーターを販売しているのは、上質で魅力的なデザイン食品を販売しているブランド「P.R.I.M.V.S」。17280円のミネラルウォーターの正式名称は「限定漆絵ボトル ナチュラルミネラルウォーター」(無炭酸)で、漆絵の職人が手作業でボトルに絵を描いたもの。

    ・職人が絵を書いて価値アップ
    もともと「P.R.I.M.V.S ナチュラルミネラルウォーター」(無炭酸)として1458円で販売していたものに、職人が絵を書いて価値が上がり、17280円になったと思われる。ということは、水自体の価値は1458円だが、職人の作業代として15822円が上乗せされていることになる。

    ・賞味期限ぎりぎりまで鑑賞?
    素晴らしい芸術作品ともいえる17280円のミネラルウォーターだが、あまりにも高額すぎて飲むことに勇気を要する。しかし飲まないと飾り物になってしまうし、時間の経過とともに中の水が劣化していくだろう。買ったとして、どうするのがベストか? 賞味期限ぎりぎりまで鑑賞し、あとは飲んでしまえばよいのではないだろうか。

    もっと詳しく読む: マジかよ! 1本17280円のミネラルウォーターが登場! 高い? それなら1458円のもあるけど(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2017/05/27/natural-mineral-water/



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【衝撃】 1本17280円のミネラルウォーターが登場!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    ネットオークション「現金化問題」より深刻な「モンスター出品者」が増殖中!


    いつも御賞味頂き誠にありがとうありがとうございます?

    イメージ画像(Thinkstockより)
    日刊サイゾー

     ネット売買を仲�
    陲垢襦屮瓮襯�リ」や「ヤフオク!」で、クレジットカードの現金化ができる「1万円紙幣の実物を上回る金額で出品」などがマネーロンダリングの温床になっているとして問題になったが、その後もSuicaなどチャージ済みICカードの出品などがあり、グレーな出品が後を絶たない。

     ただ、ネットオークションサイトでは違法商品よりも苦情が多いのが、利用者同士のトラブル。「ヤフオク!」など運営会社側は、あくまで「仲介」の姿勢を崩さないのが基本で、取引上のもめ事にはノータッチであることが多いといわれる。

     そのせいか、利用者の間で困惑の声が増えているのが、モンスター出品者だ。トラブルがあっても平然と開き直ったり、相手に嫌がらせをしたりして苦情を追い払うトンデモ出品者を指すが、「ヤフオク!」では、個人ではなく公認「ストア」として出ている事業者にもそんな連中が存在し、利用者を悩ませているという。

     先ごろトラブルになったのは鹿児島県の家具販売業者で、「落札したモノとは別の商品が届いたのに、クレームをしたら評価欄で罵倒され、私の住所まで書かれてしまった」と購入者�
    僚�性。取引後のレビューを確認させてもらうと、当初は業者から「とても良い取引ができました」と書いてあったのに、クレームを受けた途端、「落札者が、外人のようで、日本語の理解ができてない」と一変。

     その後は「営業妨害をすると法的手段に訴えます」「この異常者め!!精神科に行ってるらしいじゃないか」とまで書いており、あげく落札者の住所が特定できるマンション名を記す始末。その一部記述は、落札者が「ヤフオク!」側にしつこく要請することによって削除されたが、それ以上の対応はないままなのだという。

     実際、この業者に取材をしてみると「客が作り話をしている」「客がウソを言っている」の一点張り。購入者からは実際に送られてきた商品を確認し、落札物とは違っていたのは確かなのだが、業者はそれを「証拠がない」と認めようとはしなかった。

     購入者によると「証拠としてその商品を送れとは言われたんですが、送料はこちらで払わなければならないというし、はなからウソを言っていると決めつけられ、こんな業者にそのまま送り返したら証拠ごと隠蔽されかねないので返金が先だと伝えましたが、い�
    泙逝弍�はない」という。

    「それどころか、電話を何度もかけてきて『アホ!』と罵倒されました」(同・購入者)

     その一部は録音が残っていて聞かせてもらうと、とても客商売をしている者の対応とは思えない。この業者に間違った商品の送付について筆者が問いただすと、「私はネットを使ってショップをやっているだけで、商品は別にメーカーが送ってるだけ」と、代理出品であると弁解。

     この業者はほかの苦情に対しても「商品を紹介しているだけの業務」と言い張っており、別のアカウントでも「ヤフオクのルールでは、ショップの場合、在庫なしでも出品してもいい事になっています」と開き直っている。

     こうしたトラブルに詳しく『詐欺師の手口90~神出鬼没!パクリのテクニック』(日本文芸社)など著作を持つ作家、東西寺春秋氏によると「ネット通販で客を騙す手合いを、マーケット・プレイス詐欺と呼んでいる」という。

    「一般的にこういう業者はクレームが来てもうまくかわせるように、すべて対応方法のシナリオが出来上がっています。注文と違う品物であっても、それだけならまだマ�
    靴�もしれません。中には客の個人情報をヤミ金などとつながる裏名簿屋に売る者もいるほどです。巧みに金を貪るシステムがすでに出来上がっているんです。ネット売買で厄介なのは、購入する側が詐欺などを立証するのに膨大な労力がかかることで、業者もそれを知っているんです。のらりくらりと逃げていくうちにまた別のアカウントを作って営業を始める。これを一般人が追い込むのは難しいです」(同)

     被害者が運営会社や国民生活センター、消費者庁に相談しているうちに行方をくらますことも少なくなく、また「見解の相違」という表現で罪を逃れるケースも多いという。

    「間違った商品の送付や、不良についても主観の問題で争えば、利用者が業者相手に問題を法的に立証するのは不可能に近いでしょう」(同)

     これを監督するはずの運営会社もまた無責任なようで、あるIT事業者によると「例えば『ヤフオク!』では、安心な取引をアピールしながらも、実際には利用者が運営側にその損害を追及しにくいような規約が綿密に作られていて、あくまで第3者の立場でトラブルに関与しない形になっている」という。 >

     実際、先の購入者も「住所を書かれたのを消してもらうために4度も『ヤフオク!』 にクレームした」と話している。

    「いつも同じ文章のマニュアル的な返答があるだけで、何カ月も放置されたあげく、最終的に削除されても通知ひとつありませんでした。安全な利用なんて程遠い。これに懲りたので『ヤフオク!』を使うことはもうありません」(同)

     トラブルに関してはさまざまな見解があるとしても、購入者の住所を晒すなど明らかに常軌を逸した業者も現在、そのまま商売は継続中。「ヤフオク!」などはモンスター出品者にとって、まさに天国のような場所のようだ。
    (文=鈴木雅久)



    (出典 news.nicovideo.jp)

    arget="_blank">Hanmu

    Hanmu

    詐欺を行う人は大抵「お金があれば幸せになれる」とおもいこんでるからね。人<お金だからね。こういうのはなくならないね。

    hazy

    hazy

    チャリンカーは昔からいたなあ。あと入札の前に我に挨拶せよとか言ってるのとか。

    uni***

    uni***

    ヤフオクの家具・インテリアのストア調べたが、鹿児島発送は一件も無かったぞ。普通、陸路が不便なとこから家具なんて送らんだろjk

    align="middle" align="left" width="10%">きつね

    きつね

    犯罪に片足突っ込んでるっていうか完全に犯罪なんだよなぁ

    バンブーパンダ "90%">

    バンブーパンダ

    モンスター売ってるのかと思ってちょっと期待したじゃねーか!(半ギレ

    ミショナリー

    ミショナリー

    いやぁーこんなガタガタなルールの上で取引が行われていただなんて、分かっていたら誰も最初から利用しなかっただろ

    社長

    社長

    完全にアウトなゲームの垢の売買も無くなってないよな

    危険観光

    危険観光

    「モンスター出品者」つうか「犯罪に片足以上突っ込んでる黒業者」じゃないか

    yu

    yu

    モンスターを出品する奴が増えてきたって話かと思っ�
    燭薜磴辰�w

    ゲスト

    ゲスト

    おそロシア

    チェルカッシィ包囲戦

    チェルカッシィ包囲戦

    骨董関係は業者も含め詐欺師だらけ

    コインロッカー

    コインロッカー

    オクに限らずネット上のサービスは周知され手垢が付き始めると悪�
    づ曚蕕�蔓延るようになるから常時新しいモノに乗り換えが必要かもね

    むぎ2

    むぎ2

    そもそもyahooがまともな会社じゃないことくらい、ちょっと考えればわかるだろうに…。

    target="_blank">むぎ2

    むぎ2

    まともな買い物がしたけりゃオークションで安く買おうとか考えるなってことだ。信用できる確証を持ったところで買え。

    むぎ2

    むぎ2 n>

    maa

    guwashi

    guwashi

    まぁブラックマーケットみたいなもんやし 普通に暴力団の資金源の一つやし

    nekokuti

    nekokuti

    OSや数十万するCADも数百円で手に入る。運営がゴミで助かります

    1st

    1st

    ネット通販は詐欺業者の飽和攻撃が酷いなwみんなで詐欺れば怖くないwww俺もやろうかなwwwwwww

    たこめし

    たこめし

    でも、愚直に続けてると、味方が増えて、いい出品者とされた。

    コーイチ・カドタ

    コーイチ・カドタ

    知人がモンスター出品者の詐欺にあったが、住所こっちもわかってんだ今からぶっ飛ばしに行くぞって割とギリな撃退してたな。



      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    あなたの犯罪欲求を丸裸にする「犯罪傾向星占い」がヤバい!


    いつも御賞味頂き誠にありがとうありがとうございます✨

    イメージ画像は、「Thinkstock」より
    TOCANA

     現在も根強く支持されている「星占い」。本気で信じていなくても、テレビや雑誌で見かけたらなんとなく気になってしまう、そんな魔力が星座にはある。今回は、オルタナティブサイト「EWAO」から、ユニークな星占いをご紹介したい。

    【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2017/05/post_13308.html】

     普通、星占いといえば毎日の運勢や性格などを予言するものだが、なんと世の中には「犯罪傾向星占い」なるものも存在する。自身の星座から、あなたがどんな犯罪者になりやすいか明確に分かってしまうという
    のだ。


    ■犯罪傾向星占い

    ●おひつじ座

     おひつじ座は自己中心的。他人からの評価に敏感で、自慢話をしたがる。自分を特別視する傾向があるため、非合法なオカルトに染まりやすい。彼らの最大の野望は手段を選ばず、超越的な権力を握ることだ。


    ●おうし座

     おうし座は頑固で、反体制的。たとえ逮捕されても、不当逮捕を主張する。暴力をふるいやすく、一方で銀行強盗などにも加担。


    ●ふたご座

     ふたご座は多重人格の傾向がある。自分の意見や目的をころころ変えるが、これはふたご座が“変化”を求める強い気質を持っているからだ。そのため、「なりすまし犯罪」や「個人情報泥棒」をしでかす可能性が高いという。もしかしたら、「オレオレ詐欺」をする人にはふたご座が多いかもしれない!?


    ●かに座

     かに座は危険人物。彼らは冒険を愛し、突拍子もない行動で周囲を驚かせる。つまり、目立ちたがり屋なのだ。目立つためには、あらゆる方法で犯罪に手を染める可能性がある。たとえば、町中のガラス窓を打ち破ったり、近所に放火するなど。人に指図されることや、体制を嫌い、アナーキスト的な欲望も持ち合わせている。


    ●しし座

     しし座は、いつも楽しいことを探している。支配欲も強く神になりたがっており、労働に嫌悪感を抱いている。そのため、活動的で気楽なドラッグの運び屋になる可能性が高く、また向いている。一度組織に入れば、めきめきと頭角を現し、リーダー格に登りつめる。


    ●おとめ座

     おとめ座は、犯罪の黒幕にいることが多い。非常に分析的で、世の中に不満を抱いているからだ。行う犯罪も実にスマートで、政府の機密情報をハックし、世間に公表するなどの知能犯罪が多い。


    ●てんびん座

     てんびん座は、秘密主義的なところがあり、自身のことをあまり周囲に話さない。そのため、隠れて行う犯罪に傾きやすく、たとえば、マネーロンダリングや金銭の横領で捕まることが多い。


    ●さそり座

     さそり座は、カリスマ的で、何より性的な事柄にひかれやすい。一方で、義理堅く、時には情に厚すぎる面がある。すぐに人を好きになり、感情的な関係に巻き込まれていく。つまりストーカーになりやすい。


    ●いて座

     いて座の人は、とても優しい心を持ち、何においても気遣いができる。好きになった物には、人一倍執着する性質があるため、それを手に入れるために窃盗に手を染めやすい。


    ●やぎ座

     やぎ座の人は簡単に人を殺してしまう。そして、なかなか捕まらない。


    ●みずがめ座

     みずがめ座は、権威や権力を嫌悪している。自分の意見を声高に主張するが、それが受け入れられないと、すぐに頭に血が上る。権力者の暗殺に加担する可能性が高い。


    ●うお座

     一般的に、うお座は犯罪に手を染めやすく、その結果身を滅ぼすことがある。たとえば、違法ドラッグを常習するようになり、中毒者に成り果てることも……。また、うお座には暗い人が多いのも特徴だ。

     お楽しみ頂けただろうか? 占いとはいえ、これほど当たって欲しくない占いも珍しいだろう。いずれにしろ、犯罪とは無縁の生活を送りたいものだ。
    (編集部)


    ※イメージ画像は、「Thinkstock」より



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【あなたの犯罪欲求を丸裸にする「犯罪傾向星占い」がヤバい!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    36歳で無職に…ネットやゲーセンで不安をごまかす日々 | ニコニコニュース


    いつも御賞味頂き誠にありがとうありがとうございます✨

    ベッドの上でテレビやパソコンを見ながら一日の大半を過ごす。棚には暇を埋めるためのゲーム機や雑誌などが乱雑に山積みになっていた
    日刊SPA!

    働き盛りの世代でありながら、独身かつ無職――。ここでは、一度のつまずきで社会から孤立してしまった男たちの日常に密着取材を敢行。彼らが無職となった理由は何なのか? なぜ孤立から抜け出せないのか? 決して他人事ではない、彼らの心の叫びに迫った。

    ◆長時間労働を苦に退職。待っていたのは焦燥感

    ●長浜良則さん(仮名・36歳)/無職歴6か月/前職印刷会社

     6年前に印刷会社への転職のために関西から上京した長浜良則さん(仮名・36歳)。ここ2~3年は人手不足が慢性化し、時間外労働は月100時間を超えたほか土日出勤も当たり前に。そんな環境に耐えかね、昨年10月に退職した。

    「朝9時に出勤し、帰りは毎晩24時前後。家には寝に帰るだけという仕事漬けの毎日でした。残業が増えるに従って、動悸がすることも増えてきて……。それまでも何度か辞めたいと会社に申し出たのですが、そのたびに人手が足りないと引き留められてしまって辞められず。結局、『地元に帰って家族の介護をしなければならない』と嘘をついて無理やり辞めました。次の職のあてはまったくなかったのですが、まだ40前だし探せばなんとかなるだろうと。とにかく、逃げ出したい一心だったんです」

     退職後しばらくは仕事に追われることのない自由な日々に清々しさを感じていたという長浜さん。だが退職から2か月、そろそろ働こうかと腰を上げた瞬間に現実の厳しさを知ることとなる。

    「転職サイトを見ても、求人は大卒と35歳までを条件としているものばかり。自分は大学中退で高卒ですし、年齢もオーバーしています。何とかなると思って後先を考えず仕事を辞めたのが甘かったんです。せめて1年辞めるのが早ければ、早く次の職を見つけられたのでは、と今は後悔しています」

    ⇒【写真】はコチラ(転職活動中の「証明写真とネクタイ」…圧迫面接では心をえぐられる)https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1334974



     職が決まらないままズルズルと無職生活を送る現在を「典型的な無職の生活」だと自嘲する。

    「起きるのは昼の12時前後。あとはテレビやネットを見てだらだらと過ごすだけです。これまで仕事ばかりしていたので、いまだに趣味というものがないんです。時間だけたくさんあって何もやることがないので、週5日は2つ隣駅のゲーセンまで行ってます。電車に乗って出かけることで『用事をこなしている』気分になりますし、1000円あれば半日はつぶせますから。無職の身なので誰かに会うのも気が引けて、気づけば1週間以上だれとも口を聞いていないこともザラ。ちなみに、親には辞めたことをまだ言ってません……」

     そう言ってこの日も2駅隣のゲーセンへと足を運ぶ長浜さん。現在は失業保険とわずかな貯蓄を取り崩して生活しているそうだが、失業保険は今月で給付期間が満了。貯蓄も底が見えてきており、生活が立ちゆかなくなる“リミット”は確実に迫っているという。

    「焦りは日々大きくなるばかりですが、かといって面接が決まらなければすることもないので……」

     長浜さんはそう言い残し、喧騒で不安を紛らすようにゲーセンに消えていくのだった――。

    ⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1334975

    <1か月の家計表>
    収入(失業保険) 14万円
    家賃 7万円
    水道光熱費 1万円
    食費 3万円
    通信費 2万円
    外食費 1万円
    娯楽費 2万円
    その他 0円

    収支 -2万円(貯蓄で補填)

    ― [独身 無職 中年]の絶望 ―



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【36歳で無職に…ネットやゲーセンで不安をごまかす日々 | ニコニコニュース】の続きを読む

    このページのトップヘ